脂肪を移動させる治療|ニキビ跡は治療で綺麗に退治|一粒たりとも残さない

ニキビ跡は治療で綺麗に退治|一粒たりとも残さない

女の人

脂肪を移動させる治療

女医

たるみとくぼみ

目の下のたるみは、目の周辺の脂肪が下方向へと移動することで生じます。下がってきた脂肪によって目の下が膨らむことで、たるんだ状態になるわけです。しかも目の上の部分は、脂肪が少なくなることからくぼみます。そのくぼみによる影で、暗い表情に見えるようになるため、この点からも多くの人が目の下のたるみになやんでいます。しかし美容外科ではこの状態を、改善することが可能となっています。具体的には、下まぶたに小さな切れ込みを入れ、そこから脂肪を抜き取るのです。下がってきた脂肪がなくなれば、目の下は膨らんだ状態ではなくなるため、たるみは改善されます。さらに抜き取った脂肪は、目の上に注入することができます。つまりこの治療では、目の下のたるみだけでなく、目の上のくぼみも改善することができるわけです。

安全性と効果を高める工夫

目の下の脂肪は多くの場合、下まぶたを裏返した上で抜き取られます。裏返すと、そこには赤色をした結膜があるのですが、その結膜を切開して、脂肪を引っ張り出すのです。結膜は柔らかいため切開しやすい上に、傷が塞がりやすいという特徴があります。そのため下まぶたの表面部分を切開する場合と比較すると、体の負担が少ないと言えます。また、切開による傷跡が露出しないというメリットもあります。そして抜き取った脂肪を目の上に注入する際には、幹細胞や成長因子も加えることができます。こうすることで目の周辺の皮膚は活性化し、ハリのある状態になります。そのハリによって、目の下のたるみは再発しにくくなりますし、皮膚の衰えによる小じわも改善されやすくなるのです。